リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

資格予備校で学ぶと知識の吸収の効率がいい最大の理由

リラックス法学部 コラム資格予備校で学ぶと知識の吸収の効率がいい理由

 

今回のコラムは

「資格予備校で学ぶと

知識の吸収の効率がいい最大の理由」について

書いていきますが、結論として、

「資格を取るなら予備校を利用しましょう」

あるいは逆に

「予備校を利用せず独学でやりましょう」

といったことを推奨するものではありません。

 

この理由というかカラクリを理解することで、

物事に取り組む際のヒントにしていただければ

と思います。

 

「予備校で学ぶと

知識の吸収の効率がいい最大の理由は何か?」

と問われると、

たいていの方は、

何年にも渡る実績から作りこまれた、

ムダのないカリキュラムで、

すばらしい講師によるわかりやすい授業

といったことを考えるかもしれませんが、

実はもっと大きな理由があります。

 

それは「お金を払っている」という事です。

 

試験の合格を目指して、

何万円あるいは何十万円を払込む決意をし、

いざ第一回目の授業となったら、

払ったぶんを何がなんでも

モトを取って合格するという意気込みで、

メチャクチャ気合いを入れて聴くでしょう。

 

この食い付きが、

知識の吸収力をアップさせる最大の理由です。

 

さらに予備校に通っているという事を

周りの友人、知人たちに知られると、

さらに「石にしがみついてでも

これを理解、記憶し試験を突破してやる」

という気合いも高まるでしょう。

 

かたや、独学でやってみようと

3000円ぐらいで本を一冊買って、

1人ぼちぼち始めると、

ちょっとした事でつまづき、

「今日は疲れたからいいや」が続いて、

誰にも知られずにフェイドアウトすることが簡単です。

 

最初に申しましたが、

「だからどっちがいい」という話ではありません。

 

このようにお金を払う事によって

モチベーションが上がるものは、

これに限った話ではありませんし、

自分にとってメリットが大きいなら

利用すべきと思います。

 

スポンサードリンク


 

さらに、このようなある程度生活の

屋台骨にかかわるぐらいの出費をして集まる人たちは、

それだけ意欲、意識の高い人たちです。

 

ライブの授業ならば刺激的な人脈が

できるかもしれないという

メリットもあるでしょう。

 

資格受験以外にも、

世の中には色々勉強するセミナー、勉強会が

毎日のように各地で行われています。

 

士業の方が勉強するセミナーもあれば、

経営者の方が勉強するセミナーもありますし、

異業種の交流会もあります。

 

参加費は3時間で1000円というものもあれば、

3時間で1万円、5万円、10万円、100万円、

あるいはそれ以上といったものもあるでしょう。

 

「3時間で10万円!?100万円!???

どんな人が行って、どんな話を聞くの!??」

と驚かれる方も多いと思いますが、

まさにそのぐらいのお金を出しても

知識を得たいという意識の高い方が集まり、

そういった人たちどうしの人脈を構築し、情報交換し、

その金額よりも高い価値を求める人どうしで、

つながっていきます。

 

最初のおことわり同様、

このようなセミナーに参加しましょう、あるいは、

参加しないようにしましょう

という話ではありません(笑)

 

無料や安いもので済ませるのと、

有料、高額のものをやってみるということ、

自分にとって結局どちらが

プラスになるのかを考えるヒントになれば幸いです。

 

ちなみに私は、行政書士試験は予備校を利用せずに

独学でやってみようと3000円ぐらいで本を一冊買って、

1人ぼちぼち始め

合格しました。

 

ちなみに「勉強会」は、

政治家先生の「勉強会」のイメージをお持ちの方も多いようで、

お姉さんがいる店で飲み食いしながら

宴に興じるものと勘違いされがちですが、

士業の勉強会はびっくりするぐらい真面目に勉強します(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

行政書士試験の情報コーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク