リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

全てに精通する事は不可能

リラックス法学部 コラム全てに精通する事は不可能

 

今回は自分自身に言い聞かせる意味も込めてのコラムですが、

タイトルの通り「全てに精通する事は不可能」

と割り切ることについて、

つづりたいと思います。

 

私は資格試験の勉強を始めた時、

毎日毎日、今まで知らなかった知識に触れ、

その都度思いました。

 

「知らない事が多すぎる」

1つ知識を吸収するたびに、

知らなかった世界が広がり、

やればやるほど知らないものが

増えていくという状況でした。

 

資格試験においては、過去問を基準に、

あまり深追いしないように

意識しながら学習を進めていきました。

 

ここで割り切りをしないと、

永遠に知識吸収の旅をするハメになると危惧し、

目下の目標の「試験合格」と無関係な事に

今は労力を使うべきではないと

自制しました。

 

資格合格し登録後、様々な士業の先生と

お会いする機会に恵まれました。

 

弁護士、司法書士、行政書士、税理士、

公認会計士、不動産鑑定士、

土地家屋調査士、社会保険労務士、

公証人の先生などなど、

それぞれの異なる専門分野の方々のお話を聞くたび、

「自分は知らない事が多すぎる」と痛感し、

打ちひしがれました。

 

法律の事だけでなく、経営に関する事や、

財務会計に関する事、

さまざまな業界の慣習や、ローカルルールなど、

とにかく毎日毎日「知らない事がある事を知り」

本を読み漁り、ネットで調べまくり、

勉強会、セミナーに参加したりと、

毎日、溢れかえる情報に溺れ、アップアップでした。

 

そんな中、士業として30年以上ご活躍されている方と

お話をさせていただいている時、

私は「なんでこの方はこんな事まで知ってるんだ!?」

と神々しく感じていたのですが、

その方はおっしゃいました。

 

 

「やっぱね、どっかで

『全てに精通することは不可能』と割りきらないとね、

 ムリ(笑)」

 

私はこの言葉に衝撃を受けるとともに、

「この人をして」と安堵しました。

 

この方の知識で見えている

「知らない事を知っている」ものは、

私のそれを遥かに凌駕することでしょう。

 

「知の巨人」と呼ばれる立花隆さんも、

10~20万冊の本があるだろうといわれる

自身の書棚の写真が掲載された

「立花隆の書棚」の冒頭で、

こう発言していました。

 

「書棚の全容をパチパチ撮られるというのは、

あまり気持ちがいいものではない。

自分の貧弱な頭の中を覗かれているような気がする」

 

【送料無料】立花隆の書棚 [ 立花隆 ]

【送料無料】立花隆の書棚 [ 立花隆 ]

価格:3,150円(税5%込、送料込)

 

 

私はこのような言葉に触れ

「全てに精通する事は不可能」と割り切ることは、

知識を吸収することへのあきらめではなく、

知識を吸収することへの謙虚さに

つながるのではないかと思いました。

 

「知らない事がまだまだある」ということは、

ワクワクすることでもありますが、

あまりにそれが自分の周りに増えすぎると、

恐怖や不安の感情が襲ってきます。

 

そんな時、知らない事ばかりに目を向けず、

まずは自分が知った事、理解できた事、行動できた事を、

きちんと評価して、

「よくやったじゃないか。

この調子でまたひとつひとつやっていきたまえ」

と自分の成長を評価してあげる事も、

非常に重要かと思ったりするのでございます。

 

そんな事で、資格などの勉強に取り組んでいる方や、

仕事で目まぐるしく新しい事に取り組んでいる方、

日々探求を続けている方、

無知の知の代表格ソクラテスさん、

そして自分にエールを送りたいと思います。

 

「余計なお世話だ、このクソヤロー」

と思った方には、それは失礼いたしました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク