リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

リラックス法学部のコンセプト

リラックス法学部 コラムリラックス法学部のコンセプト

 

当サイトリラックス法学部のコンセプトは、

「リラックス法学部」と名乗っているだけあって、

やはり、リラックスして法律を学ぶというものです。

 

なぜ、リラックスして学ぶことが

コンセプトなのかと言えば、

人間は何をするにしても、

リラックスしている状態が

効率がよいし、楽しいと

私が思っているからです。

 

脳機能の学者さんや、経営コンサルタントの有名な方も、

たしかそう言っていました。

 

マーシーこと真島昌利さんはこう言っていました。

 

「難しいことはわかりやすく、

わかりやすいことはおもしろく、

おもしろいことは深く」

 

このサイトでも、お読みいただいた方に、

「わかりやすさが、面白さになり、

面白さが深さにつながるように」

ということを念頭に置いて

すべての文章を書いています。

 

このわかりやすさと面白さと深さの

スパイラルの状態になることを

「リラックス」

と私は定義しています。

 

また、このサイトの解説やコラムを

ある程度お読みいただいた方は、

基本的にポジティブな

気持ちになるような文章しかないことに

お気づきになられた方もいらっしゃるかと思います。

 

私自身がポジティブな発想しか湧いてこず、

わざわざネガティブな事を

書く気にならないという事もあり、

リラックス状態はポジティブな状態と

表裏一体という私の想いが

反映されたものとなっています。

 

今まで知らなかった事を知ったり、

わからなかった事がわかったり、

その状態の面白さを肌で感じたりして、

どんどん深くのめり込んでいくのは、

ポジティブな状態だからこそできることですし、

それらが人をさらにポジティブにしていくと

私は思っています。

 

スポンサードリンク


 

その逆もしかりで、資格を取るために、

やりたくもない勉強を仕方なく義務感でこなしている状態は、

ネガティブで苦痛な時間となり、

目に触れるものがひたすら難しく見え、

その難しさがつまらなさを生み、

つまらないから身につかない

身につかないからネガティブ

という事になるのかと思います。

 

私も中学、高校で受験勉強をしていた頃はまさにそうで、

結構な時間をそういうネガティブな作業に費やしましたが、

知識として残っているものはほとんどなく、

思い出としてもあまりいいものではありません。

 

その後私は、

20歳あたりで学ぶ楽しさを初めて知るのですが、

そのキッカケとなった方は、

知識を主体的につかいこなし、

その姿はポジティブ、リラックスしているように見えました。

 

その方の楽しそうな姿に私は憧れ、

それから私も本を夢中で読みあさったりするようになりました。

資格の勉強を始めてからも、

小学生の頃、朝4時半に起きて夢中で

ドラクエをやっていた時のように、

ポジティブでリラックスして楽しいものでした。

 

ですので、ポジティブ、リラックスは、

私にとっては今となっては自然なもので、

文章を書くとどうしてもそうなってしまうので、

コンセプトというより、身から出た錆という事かと思います。

 

身から出た錆という言葉のつかい方がおかしいですが、

なんか語感がしっくりきたので、

あえてこれでいきたいと思いました。

 

 ということで、そんな人間が書いているリラックス法学部を

これからもぜひともご堪能いただければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日もお待ちしてます。

 関連記事

「気付き」や「学び」を行儀よく解釈していませんか?

全てに精通する事は不可能

勉強がつまらない理由

法律の勉強で挫折する原因

質問のパワーを勉強につかってみる

受かるべくして受かり、落ちるベくして落ちる


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク