スポンサードリンク

マグナ・カルタ(大憲章)の要点をわかりやすく解説

マグナ・カルタ(大憲章)は、1215年、

イングランド王国においてイングランド王ジョンが

封建貴族たちに強制されて承認、調印した文書で、

前文と、63ヶ条から構成されています。

 

国王の専断的な逮捕・拘禁の制限し、

国法によらなければ逮捕・拘禁されたり、財産を奪われないとした定め、

国法か裁判によらなければ自由や生命、財産をおかされないとした定め、

王の決定だけでは戦争協力金などの名目で

税金を集めることができないと定めなど、

それまで封建貴族らが持っていた権益を確認させ、

これを侵害しないことを約束させ、

イングランド国王の権限を制限し、

イギリス立憲政治の基準となり、

清教徒革命やアメリカ独立戦争の根拠となりました。

 

マグナ・カルタは2009年、

ユネスコの『世界の記憶』に登録されました。

 

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

行政書士試験についての情報コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク