スポンサードリンク

国際司法裁判所(ICJ)とは?わかりやすく解説

国際司法裁判所(ICJ)とは

国際連合の主要機関のひとつで、

自治的な地位を持つ常設の国際司法機関で

オランダのハーグに本部を置きます。

 

裁判官は、国籍の違う9年任期の裁判官15人で構成され、

裁判官は、裁判所の事務に従事する間は

外交官としての外交特権が認められます。

 

所長の任期は3年。所長選挙は、

15人の判事による互選方式で実施されます。

(ちなみに2009年から2012年まで

小和田恆氏が日本人として初めて所長を務めました。)

 

国家間の法律的紛争について裁判をしたり、

国連総会や国連安保理などの要請に応じ

勧告的意見を与え、

判決や勧告的意見による国際司法裁判所の意見は、

国際法の発展に多大な影響を与えます。

 

紛争当事国は、本裁判所に事件を付託しますが、

原則として当事国の双方が付託に同意をしないと

裁判を行うことはできません。

(国連に未加盟の国も当事者となることができます。)

 

ICJの司法的解決には、拘束力が認められます。

相手国に不履行があった場合は、

安全保障理事会に訴え、実行に促す

勧告・措置を求めることができます。

 

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

行政書士試験についての情報コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク