スポンサードリンク

市場化テスト(官民競争入札制度)をわかりやすく解説

市場化テスト(官民競争入札制度)とは、

2006年に競争の導入による

公共サービスの改革に関する法律が成立し、

公共サービスを国民に提供する主体として、

官と民が対等な立場で入札に参加する制度で、

どちらがより国民の期待に応えられるのかということを

国民に判断してもらうために行われる制度を言います。

 

小泉内閣の構造改革の施策の一つとして採用されました。

 

この制度の目的は、行政の効率化、

民間の持つマーケティング力を活かした行政サービスの向上、

官の側も入札に参加することにyる意識改革や、

行政サービスの内容やコスト構造の透明化などが

期待されています。

 

法務省関係業務、厚生労働省関係業務、社会保険庁関係業務、

国土交通省関係業務、統計局関係業務、国の庁舎や会館の管理業務、

公務員向け研修関係業務などが対象業務となっています。

 

市場化テスト(官民競争入札等監理)の事務は、

2016年に内閣府から総務省に移管されました。

 

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

行政書士試験についての情報コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク