スポンサードリンク

短期金融市場についてわかりやすく解説

短期金融市場とは、満期が1年以内の短期間の取引きで

資金を調達・運用する市場の総称のことで、

金融機関や一般の事業法人が資金を調達する場です。

 

また、日本銀行がオペレーションや貸出等の手段を用いて、

公開市場操作などを行って金融を

調節する場にもなっていて

市場の金利形成に影響を与えています。

 

短期金融市場は、取引参加者が

金融機関に限定されるインターバンク市場と、

一般の事業法人が自由に参加できる

オープン市場に分けられます

 

インターバンク市場

インターバンク市場は、

金融機関が相互の資金の運用と調達を行う場で

市場参加者は金融機関・証券会社等の

金融機関に限定されています。

 

インターバンク市場には、

コール市場(有担保コール、無担保コール)、

手形市場、ユーロ円市場、外貨資金市場があります。

 

 

オープン市場

オープン市場は、法人であれば誰でも参加できる市場です。

金融機関のほか、証券会社、事業法人、

外国企業、公的機関が取引に参加しています。

 

オープン市場は、

CD、CP、TB、FB、債券現先、債券レポなどの市場があります。

 

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

行政書士試験についての情報コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク