リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

借地借家法 借地契約の更新後の建物の滅失による解約等についてわかりやすく解説

リラックス法学部 借地借家法をわかりやすく解説>借地借家法 借地契約の更新後の建物の滅失による解約等

 

借地契約の更新後の建物の滅失による解約等

借地借家法では、借地権の存続期間中の

建物の滅失について規定していますが、

最初の契約期間中に滅失した場合と、

契約更新後に滅失した場合を分けて規定しています。

今回は更新後の建物の滅失に関する規定に

ついて説明していきたいと思います。

 

借地権の契約を更新した後、

新たな存続期間中に建物が滅失した場合は、

借地権設定者(地主)の承諾か、

裁判所の許可がなければ、

借地権の残存期間を超えて存続する

建物の再築は認められません。

 

これに借地権設定者の承諾なく再築した場合は、

借地権設定者(地主)は

賃貸借契約の解約の申入れや

地上権の消滅請求をすることができます。

再築しなかった場合は、借地権者から

賃貸借契約の解約の申入れや地上権の放棄が認められます。

 

(借地契約の更新後の建物の滅失による解約等)

第八条  契約の更新の後に建物の滅失が

あった場合においては、借地権者は、

地上権の放棄又は土地の賃貸借の解約の

申入れをすることができる。

 

2  前項に規定する場合において、

借地権者が借地権設定者の承諾を得ないで

残存期間を超えて存続すべき建物を築造したときは、

借地権設定者は、地上権の消滅の請求又は

土地の賃貸借の解約の申入れをすることができる。

 

3  前二項の場合においては、借地権は、

地上権の放棄若しくは消滅の請求又は

土地の賃貸借の解約の申入れがあった日から

三月を経過することによって消滅する。

 

4  第一項に規定する地上権の放棄又は

土地の賃貸借の解約の申入れをする権利は、

第二項に規定する地上権の消滅の請求又は

土地の賃貸借の解約の申入れをする権利を

制限する場合に限り、制限することができる。

 

5  転借地権が設定されている場合においては、

転借地権者がする建物の

築造を借地権者がする建物の築造とみなして、

借地権者と借地権設定者との間について

第二項の規定を適用する。

 

契約更新後、借地権者が残存期間を超えて

存続する建物を再築することについて、

やむを得ない事情があるにも関わらず、

借地権設定者(地主)がこれを承諾しない場合は、

地主の承諾に代わる再築の許可を申し立てることができます。

 

スポンサードリンク


 

(借地契約の更新後の建物の再築の許可)

第十八条  契約の更新の後において、

借地権者が残存期間を超えて

存続すべき建物を新たに築造することにつき

やむを得ない事情があるにもかかわらず、借

地権設定者がその建物の築造を承諾しないときは、

借地権設定者が地上権の消滅の請求又は

土地の賃貸借の解約の申入れをすることが

できない旨を定めた場合を除き、

裁判所は、借地権者の申立てにより、

借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができる。

この場合において、

当事者間の利益の衡平を図るため必要があるときは、

延長すべき借地権の期間として第七条第一項の

規定による期間と異なる期間を定め、

他の借地条件を変更し、財産上の給付を命じ、

その他相当の処分をすることができる。

 

2  裁判所は、前項の裁判をするには、

建物の状況、建物の滅失があった場合には

滅失に至った事情、借地に関する

従前の経過、借地権設定者及び

借地権者(転借地権者を含む。)が

土地の使用を必要とする事情その他

一切の事情を考慮しなければならない。

 

3  前条第五項及び第六項の規定は、

第一項の裁判をする場合に準用する。

 

ということで、

今回は借地借家法 借地契約の更新後の建物の滅失による解約等について

説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

宅建士対策・要点まとめコーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク