リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

刑法の謙抑性・補充性・断片性をわかりやすく解説

刑法の謙抑性・補充性・断片性を

わかりやすく解説します。

 

刑罰という制裁は、資格を制限したり、

犯罪者としての烙印を押されることによって

社会的信頼の損失など、

非常に強力なものです。

 

ですから、何を犯罪とし、本当にその対象を刑罰をもって

抑止する必要があるのか、

という点は慎重に判断しなければならないことになります。

 

刑法は権利・自由を奪う非常に強力なものなので、

刑罰はなるべく必要最低限に規定・執行されるべきで、

最後の手段でなくてはならない。

そのため刑法は補充の形で登場すればよい

という考え方を刑法の謙抑性・補充性といいます。

 

また、刑法は重要な法益侵害であっても、

網羅的にすべてを刑罰の対象としてはならない、

重要な法益を選んで保護しなくてはならない。

という考え方を刑法の断片性といいます。

(網羅的になることで刑罰の集中化が起こり、

刑事機能のマヒとなりかねない。

という実務的な問題もあります)

 

例えば、通常の債務不履行のようなものは

民事賠償で足り、営業免許の停止や取消しで

制裁として足りる場合は、

あえて刑罰を科す必要はないという考え方です。

 

また、軽微な道交法違反などの場合の、

交通反則金の制度も行政罰による

刑事罰の代替の一例です。

 

 

刑法をわかりやすく解説トップへ 


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク