リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

親族相盗例の親族の範囲をわかりやすく解説

リラックス法学部 >刑法をわかりやすく解説 >親族相盗例をわかりやすく解説

 

親族相盗例

 244条

 

配偶者、直系血族、同居の親族間において、

窃盗の罪を犯した者は、

その刑が免除されます。

 

親族間においての軽微な財産が犯されたような場合に、

国家の刑罰権を直ちに行使するのは適切ではないという理由から

このような規定があります。

 

 

「配偶者、直系血族、同居の親族」以外の親族との間で、

窃盗の罪を犯した場合は、告訴がなければ公訴提起できない

親告罪となります。

 

内縁関係にある者は配偶者にあたらず、

認知をしていない子も

直系血族にはあたりません。

 

また、一時宿泊したに過ぎない親族は「同居の親族」には

あたりません。

 

親族でない共犯の場合は、

親族相盗例は適用されません。

 

つまり、子が友人とともに両親のモノを窃盗した場合、

子は窃盗の刑を免除されますが、共犯の友人は窃盗罪で

処罰されることになります。

 

親族相盗例は、不動産侵奪罪、詐欺罪、背任罪、恐喝罪、横領罪、

業務上横領罪、遺失物等横領罪に準用されます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

刑法をわかりやすく解説トップへ 


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク