スポンサードリンク

【交通事故判例】加害者複数の場合の過失相殺の方法と加害者らの賠償責任 (平成15年7月11日最高裁)

加害者複数の場合の過失相殺の方法と加害者らの賠償責任

(平成15年7月11日最高裁)

事件番号  平成14(オ)1689

 

この裁判では、

加害者複数の場合の過失相殺の方法と

加害者らの賠償責任について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

複数の加害者の過失及び被害者の過失が

競合する一つの交通事故において,

その交通事故の原因となったすべての過失の割合

(以下「絶対的過失割合」という。)を

認定することができるときには,

絶対的過失割合に基づく被害者の過失による

過失相殺をした損害賠償額について,

加害者らは連帯して共同不法行為に基づく

賠償責任を負うものと解すべきである。

 

これに反し,各加害者と被害者との関係ごとに

その間の過失の割合に応じて相対的に過失相殺をすることは,

被害者が共同不法行為者のいずれからも

全額の損害賠償を受けられるとすることによって

被害者保護を図ろうとする民法719条の趣旨に反することになる

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

交通事故判例コーナートップへ


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク