リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【交通事故判例】運転補助者と自動車損害賠償保障法3条にいう「他人」 (平成11年7月16日最高裁)

運転補助者と自動車損害賠償保障法3条にいう「他人」

(平成11年7月16日最高裁)

事件番号  平成9(オ)317

 

この裁判では、

運転補助者と自動車損害賠償保障法3条にいう「他人」について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

鋼管くいは現場車上渡しとする約定であり、

本件トラックの運転者Gは、Hが行う荷下ろし作業について、

指示や監視をすべき立場になかったことはもちろん、

右作業を手伝う義務を負う立場にもなかった。

 

また、鋼管くいが落下した原因は、前記のとおり、

鋼管くいを安全につり上げるのには不適切な

短いワイヤーロープを使用した上、本件クレーンの

補巻フックにシャックルを付けずに

ワイヤーロープを装着したことにあるところ、

これらはすべてHが自らの判断により行ったものであって、

Gは、Hが右のとおりワイヤーロープを装着した後に、

好意から玉掛け作業を手伝い、フックとシャックルを

ワイヤーロープの両端に取り付け、鋼管くいの一端に

ワイヤーロープの下端のフックを引っ掛けて

玉掛けをするという作業をしたにすぎず、

Gの右作業が鋼管くい落下の原因となっているものではない。

 

そうすると、Gは、本件クレーン車の運転補助者には該当せず、

自賠法3条本文にいう「他人」に含まれると解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

交通事故判例コーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク