スポンサードリンク

【会社法判例】差別的行使条件付き新株予約権の無償割当て (平成19年8月7日最高裁)

差別的行使条件付き新株予約権の無償割当て

(平成19年8月7日最高裁)

事件番号  平成19(許)30

 

この裁判では、

差別的行使条件付き新株予約権の無償割当てについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

特定の株主による経営支配権の取得に伴い,会社の存立,

発展が阻害されるおそれが生ずるなど,

会社の企業価値がき損され,会社の利益ひいては

株主の共同の利益が害されることになるような場合には,

その防止のために当該株主を差別的に取り扱ったとしても,

当該取扱いが衡平の理念に反し,相当性を欠くものでない限り,

これを直ちに同原則の趣旨に反するものということはできない

 

そして,特定の株主による経営支配権の取得に伴い,

会社の企業価値がき損され,会社の利益ひいては

株主の共同の利益が害されることになるか否かについては,

最終的には,会社の利益の帰属主体である株主自身により

判断されるべきものであるところ,

株主総会の手続が適正を欠くものであったとか,

判断の前提とされた事実が実際には存在しなかったり,

虚偽であったなど,判断の正当性を失わせるような

重大な瑕疵が存在しない限り,当該判断が尊重されるべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

会社法判例をわかりやすく解説コーナートップへ


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク