スポンサードリンク

【会社法判例】株式買取請求に係る「公正な価格」の意義 ( 平成23年4月19日最高裁)

株式買取請求に係る「公正な価格」の意義

( 平成23年4月19日最高裁)

事件番号  平成22(許)30

 

この裁判では、

株式買取請求に係る「公正な価格」の意義について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

吸収合併,吸収分割又は株式交換(以下「吸収合併等」という。)が行われる場合,

会社法785条2項所定の株主(以下「反対株主」という。)は,

吸収合併消滅株式会社,吸収分割株式会社又は

株式交換完全子会社(以下「消滅株式会社等」という。)に対し,

自己の有する株式を「公正な価格」で買い取るよう

請求することができる(同条1項)。

 

このように反対株主に「公正な価格」での株式の買取りを

請求する権利が付与された趣旨は,吸収合併等という

会社組織の基礎に本質的変更をもたらす行為を

株主総会の多数決により可能とする反面,

それに反対する株主に会社からの退出の機会を与えるとともに,

退出を選択した株主には,吸収合併等がされなかったとした場合と

経済的に同等の状況を確保し,さらに,吸収合併等により

シナジーその他の企業価値の増加が生ずる場合には,

上記株主に対してもこれを適切に分配し得るものとすることにより,

上記株主の利益を一定の範囲で保障することにある。

 

以上のことからすると,

裁判所による買取価格の決定は,

客観的に定まっている過去のある

一定時点の株価を確認するものではなく,

裁判所において,上記の趣旨に従い,

「公正な価格」を形成するものであり,

また,会社法が価格決定の基準について

格別の規定を置いていないことからすると,

その決定は,裁判所の合理的な裁量に

委ねられているものと解される。

 

上記の趣旨に照らせば,吸収合併等によりシナジー

その他の企業価値の増加が生じない場合には,

増加した企業価値の適切な分配を考慮する余地はないから,

吸収合併契約等を承認する旨の

株主総会の決議がされることがなければその株式が

有したであろう価格(以下「ナカリセバ価格」という。)を算定し,

これをもって「公正な価格」を定めるべきである。

 

そして,消滅株式会社等の反対株主が株式買取請求をすれば,

消滅株式会社等の承諾を要することなく,

法律上当然に反対株主と消滅株式会社等との間に

売買契約が成立したのと同様の法律関係が生じ,

消滅株式会社等には,その株式を「公正な価格」で

買い取るべき義務が生ずる反面,反対株主は,

消滅株式会社等の承諾を得なければ,

その株式買取請求を撤回することができないことになる

(会社法785条6項)ことからすれば,

売買契約が成立したのと同様の法律関係が生ずる時点であり,かつ,

株主が会社から退出する意思を明示した時点である

株式買取請求がされた日を基準日として,

「公正な価格」を定めるのが合理的である。

 

仮に,反対株主が株式買取請求をした日より

後の日を基準として「公正な価格」を定めるものとすると,

反対株主は,自らの意思で株式買取請求を

撤回することができないにもかかわらず,

株式買取請求後に生ずる市場の一般的な価格変動要因による

市場株価への影響等当該吸収合併等以外の要因による

株価の変動によるリスクを負担することになり,

相当ではないし,また,上記決議がされた日を基準として

「公正な価格」を定めるものとすると,反対株主による株式買取請求は,

吸収合併等の効力を生ずる日の20日前の日から

その前日までの間にしなければならないこととされているため

(会社法785条5項),上記決議の日から

株式買取請求がされるまでに相当の期間が生じ得るにもかかわらず,

上記決議の日以降に生じた当該吸収合併等以外の要因による

株価の変動によるリスクを反対株主は

一切負担しないことになり,相当ではない。

 

そうすると,会社法782条1項所定の

吸収合併等によりシナジー

その他の企業価値の増加が生じない場合に,

同項所定の消滅株式会社等の反対株主がした株式買取請求に係る

「公正な価格」は,原則として,

当該株式買取請求がされた日における

ナカリセバ価格をいうものと解するのが相当である。

 

会社法が「公正な価格」の決定を

裁判所の合理的な裁量に委ねていることは

前記のとおりであるところ,株式が上場されている場合,

一般に,市場株価には,当該企業の

資産内容,財務状況,収益力,将来の業績見通しなどが

考慮された当該企業の客観的価値が,投資家の評価を通して

反映されているということができるから,上場されている株式について,

反対株主が株式買取請求をした日のナカリセバ価格を算定するに当たっては,

それが企業の客観的価値を反映していないことを

うかがわせる事情があれば格別,そうでなければ,

その算定における基礎資料として市場株価を用いることには,

合理性が認められる。

 

そして,反対株主が株式買取請求をした日における市場株価は,

通常,吸収合併等がされることを織り込んだ上で

形成されているとみられることからすれば,

同日における市場株価を直ちに同日の

ナカリセバ価格とみることは相当ではなく,

上記ナカリセバ価格を算定するに当たり,

吸収合併等による影響を排除するために,

吸収合併等を行う旨の公表等がされる前の

市場株価(以下「参照株価」という。)を参照して

これを算定することや,その際,

上記公表がされた日の前日等の特定の時点の市場株価を参照するのか,

それとも一定期間の市場株価の平均値を参照するのか等については,

当該事案における消滅株式会社等や株式買取請求をした

株主に係る事情を踏まえた裁判所の

合理的な裁量に委ねられているものというべきである。

 

また,上記公表等がされた後株式買取請求がされた日までの間に

当該吸収合併等以外の市場の一般的な価格変動要因により,

当該株式の市場株価が変動している場合に,

これを踏まえて参照株価に補正を加えるなどして

同日のナカリセバ価格を算定するについても,同様である。

 

もっとも,吸収合併等により企業価値が増加も毀損もしないため,

当該吸収合併等が消滅株式会社等の株式の価値に

変動をもたらすものではなかったときは,

その市場株価は当該吸収合併等による

影響を受けるものではなかったとみることができるから,

株式買取請求がされた日のナカリセバ価格を算定するに当たって

参照すべき市場株価として,

同日における市場株価やこれに近接する

一定期間の市場株価の平均値を用いることも,

当該事案に係る事情を踏まえた裁判所の

合理的な裁量の範囲内にあるものというべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

会社法判例をわかりやすく解説コーナートップへ


・試験に役立つ左脳型速読術
サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク