スポンサードリンク

【刑法判例】住居の玄関ドアが建造物損壊罪の客体に当たるか(平成19年3月20日最高裁)の要点をわかりやすく解説

住居の玄関ドアが建造物損壊罪の客体に当たるか

(平成19年3月20日最高裁)

事件番号  平成18(あ)2197

 

この裁判では、

住居の玄関ドアが建造物損壊罪の客体に当たるかの判断を

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

建造物に取り付けられた物が

建造物損壊罪の客体に当たるか否かは,

当該物と建造物との接合の程度のほか,

当該物の建造物における機能上の重要性をも総合考慮して

決すべきものであるところ,

本件ドアは,住居の玄関ドアとして外壁と接続し,

外界とのしゃ断,防犯,防風,防音等の重要な役割を果たしているから,

建造物損壊罪の客体に当たるものと認められ,

適切な工具を使用すれば損壊せずに

同ドアの取り外しが可能であるとしても,

この結論は左右されない

 

そうすると,建造物損壊罪の成立を認めた原判断は,

結論において正当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク