スポンサードリンク

【刑法判例】偽造運転免許証の携帯運転と偽造公文書行使罪(昭和44年6月18日最高裁)

偽造運転免許証の携帯運転と偽造公文書行使罪

(昭和44年6月18日最高裁)

事件番号  昭和43(あ)1651

 

この裁判では、牽連犯を構成する手段となる

犯罪と結果となる犯罪との中間に

別罪の確定裁判が介在する場合においても、

なお刑法54条の適用があるかどうかについて

裁判所が見解を示しました。

(刑法第54条

一個の行為が二個以上の罪名に触れ、又は犯罪の手段若しくは

結果である行為が他の罪名に触れるときは、

その最も重い刑により処断する。)

 

最高裁判所の見解

牽連犯を構成する手段となる犯罪と結果となる犯罪とは、

本来数罪として広義の併合罪に包含されるが、科刑上の一罪として

罪数上は本来の一罪と同様に取り扱われ、刑法45条の適用については

数罪ではなく一罪であると解することに文理上支障はない。

 

そして、牽連犯はその数罪間に罪質上通例その一方が他方の手段または

結果となる関係があり、しかも具体的に犯人がかかる関係において

その数罪を実行した場合に

科刑上とくに一罪として取り扱うこととしたものであるから、

牽連犯を構成する手段となる犯罪と結果となる犯罪との中間に

別罪の確定裁判が介在する場合においても、

なお刑法54条の適用があるものと解するのが相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク