リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】共同正犯が成立する場合における過剰防衛の成否の判断方法の要点をわかりやすく解説

共同正犯が成立する場合における過剰防衛の成否の判断方法

(平成4年6月5日最高裁)

事件番号  平成2(あ)788

 

この裁判では、

共同正犯が成立する場合における

過剰防衛の成否の判断方法について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

共同正犯が成立する場合における過剰防衛の成否は、

共同正犯者の各人につきそれぞれ

その要件を満たすかどうかを検討して決するべきであって、

共同正犯者の一人について過剰防衛が成立したとしても、

その結果当然に他の共同正犯者についても

過剰防衛が成立することになるものではない。

 

原判決の認定によると、被告人は、

Cの攻撃を予期し、その機会を利用してAをして

包丁でCに攻撃を加えさせようとしていたもので、

積極的な加害の意思で侵害に臨んだものであるから、

CのAに対する暴行は、

積極的な加害の意思がなかったAにとっては

急迫不正の侵害であるとしても、

被告人にとっては急迫性を欠くものであって、

Aについて過剰防衛の成立を認め、

被告人についてこれを認めなかった原判断は、

正当として是認することができる。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク