リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】刑法110条1項にいう「公共の危険」の意義 (平成15年4月14日最高裁)の要点をわかりやすく解説

刑法110条1項(建造物等以外放火)にいう「公共の危険」の意義

(平成15年4月14日最高裁)

事件番号  平成13(あ)1317

 

この裁判では、

刑法110条1項(建造物等以外放火)にいう

「公共の危険」について裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

刑法110条1項にいう「公共の危険」は,

同法108条,109条所定の建造物等への

延焼のおそれに限られる旨主張する。

 

しかし,同法110条1項にいう「公共の危険」は,

必ずしも同法108条及び109条1項に規定する

建造物等に対する延焼の危険のみに限られるものではなく,

不特定又は多数の人の生命,身体又は

前記建造物等以外の財産に対する危険も

含まれると解するのが相当である。

 

そして,市街地の駐車場において,

被害車両からの出火により,

第1,第2車両に延焼の危険が及んだ等の本件事実関係の下では,

同法110条1項にいう「公共の危険」の発生を

肯定することができるというべきである。

 

本件について同項の建造物等以外放火罪の成立を認めた

原判決の判断は,正当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク