リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】大量の廃棄物を堆積させた不動産侵奪事件 (平成11年12月9日最高裁)の要点をわかりやすく解説

大量の廃棄物を堆積させた不動産侵奪事件

(平成11年12月9日最高裁)

事件番号  平成9(あ)1054

 

この裁判では、所有者による現実の支配管理が困難になった土地上に

大量の廃棄物を堆積させた行為が不動産侵奪罪となるかについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

本件土地の所有者であるAは、

代表者が行方をくらまして

事実上廃業状態となり、本件土地を現実に

支配管理することが困難な状態になったけれども、

本件土地に対する占有を喪失していたとはいえず、また、

被告人らは、本件土地についての一定の利用権を有するとはいえ、

その利用権限を超えて地上に大量の廃棄物を堆積させ、

容易に原状回復をすることができないようにして

本件土地の利用価値を喪失させたというべきである。

 

そうすると、被告人らは、Aの占有を排除して

自己の支配下に移したものということができるから、

被告人両名につき不動産侵奪罪の成立を認めた

原判決の判断は、相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク