リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】放火罪における燒燬の意義 (昭和25年5月25日最高裁)の要点をわかりやすく解説

放火罪における燒燬の意義

(昭和25年5月25日最高裁)

事件番号  昭和25(れ)373

 

この裁判では、

放火罪における燒燬の意義について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

証人Aの原審における供述予審における

供述記載その他原判決挙示の証拠を綜合すれば、

A及びその家族の現に居住する本件家屋の一部たる

三畳間の床板約一尺四方竝びに

押入床板及び上段各約三尺四方を焼燬したる

原判示事実の認定を肯認することができる。

 

そして原判決は右のごとき現に人の居住する家屋の一部を

判示程度に焼燬したと判示した以上被告人の放火が

判示媒介物を離れて判示家屋の部分に燃え移り独立して

燃焼する程度に達したこと明らかであるから、

人の現在する建造物を焼燬した判示として

欠くるところはないものといわなければならない

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク