スポンサードリンク

【刑法判例】故意の内容(平成2年2月9日最高裁)の要点をわかりやすく解説

故意の内容

(平成2年2月9日最高裁)

事件番号  平成1(あ)1038

 

アメリカ国籍のXは知人から、

【化粧品】と言われて、

【ある物】を日本に運ぶよう頼まれ、

腹巻の中に隠して日本に入国しました。

 

この【ある物】は覚せい剤を含む薬物でした。

 

この裁判では、

Xが、覚せい剤輸入罪の故意があったどうかが

争点となりました。

 

最高裁判所の見解

原判決の認定によれば、被告人は、

本件物件を密輸入して所持した際、

覚せい剤を含む身体に有害で違法な薬物類であるとの

認識があったというのであるから、

覚せい剤かもしれないし、

その他の身体に有害で違法な薬物かもしれないとの

認識はあったことに帰することになる。

 

そうすると、覚せい剤輸入罪、同所持罪の故意に欠けるところはないから、

これと同旨と解される原判決の判断は、正当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク