リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】業務上過失致死、道路交通法違反(不作為犯の罪数) (昭和51年9月22日最高裁)の要点をわかりやすく解説

業務上過失致死、道路交通法違反(不作為犯の罪数)

(昭和51年9月22日最高裁)

事件番号  昭和50(あ)15

 

この裁判では、車両等の運転者等が、

一個の交通事故から生じた

道路交通法72条1項前段、後段の各義務を負う場合、

これをいずれも履行する意思がなく、

事故現場から立ち去るなどしたときは、

他に特段の事情がない限り、右各義務違反の罪は、

刑法54条1項前段の観念的競合の関係にあるとの見解を

裁判所が示しました。

 

最高裁判所の見解

刑法54条1項前段にいう一個の行為とは、

法的評価をはなれ構成要件的観点を捨象した自然的観察のもとで

行為者の動態が社会的見解上一個のものと評価される場合をいい、

不作為もここにいう動態に含まれる

 

いま、道路交通法72条1項前段、後段の義務及び

これらの義務に違反する不作為についてみると、右の二つの義務は、

いずれも交通事故の際「直ちに」履行されるべきものとされており、

運転者等が右二つの義務に違反して逃げ去るなどした場合は、

社会生活上、しばしば、ひき逃げという

ひとつの社会的出来事として認められている。

 

前記大法廷判決のいわゆる自然的観察、社会的見解のもとでは、

このような場合において右各義務違反の

不作為を別個の行為であるとすることは、

格別の事情がないかぎり、

是認しがたい見方であるというべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク