リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】殺人予備罪の共同正犯 (昭和37年11月8日最高裁)の要点をわかりやすく解説

殺人予備罪の共同正犯

(昭和37年11月8日最高裁)

事件番号  昭和37(あ)88

 

この裁判では、殺人の目的を有する者から、

これに使用する毒物の入手を依頼され、

その使途を認識しながら、

右毒物を入手して依頼者に手交した者が、

右毒物による殺人が予備に終った場合に、

殺人予備罪の共同正犯としての責任を負うという

見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

上告趣意第一点は違憲をいうが、

その実質は事実誤認、単なる法令違反の主張に帰し

刑訴405条の上告理由に当らない

(被告人の判示所為を殺人予備罪の共同正犯に

問擬した原判決の判断は正当と認める)。

 

同第二、三点は判例違反をいうが、

所論各判例は本件と事案を異にし適切ではないから、

所論はその前提を欠くに帰し、

また同第四点は量刑不当の主張であって、

いずれも刑訴405条の上告理由に当らない。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク