スポンサードリンク

【刑法判例】犯人隠避,証拠隠滅 (平成29年3月27日最高裁)

犯人隠避,証拠隠滅

(平成29年3月27日最高裁)

事件番号  平成27(あ)1266

 

この裁判は、

参考人として警察官に対して犯人との間の口裏合わせに

基づいた虚偽の供述をする行為が

刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの)103条にいう

「隠避させた」に当たるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

事実関係によれば,被告人は,前記道路交通法違反及び

自動車運転過失致死の各罪の犯人がAであると知りながら,

同人との間で,A車が盗まれたことにするという,

Aを前記各罪の犯人として身柄の拘束を継続することに

疑念を生じさせる内容の口裏合わせをした上,

参考人として警察官に対して前記口裏合わせに

基づいた虚偽の供述をしたものである。

 

このような被告人の行為は,刑法103条にいう

「罪を犯した者」をして現にされている身柄の拘束を

免れさせるような性質の行為と認められるのであって,

同条にいう「隠避させた」に当たると解するのが相当である

(最高裁昭和63年(あ)第247号平成元年5月1日

第一小法廷決定・刑集43巻5号405頁参照)。

 

したがって,被告人について,

犯人隠避罪の成立を認めた原判断は,是認できる。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク