リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】結果的加重犯と因果関係(昭和46年6月17日最高裁)の要点をわかりやすく解説

結果的加重犯と因果関係

(昭和46年6月17日最高裁)

事件番号  昭和45(あ)1070

 

Xは、当時63歳であったAの胸ぐらをつかみあおむけに倒し、

鼻と口を抑えて、現金や預金通帳を強取し、

この暴行により、Aは死亡しました。

(Aは重篤な心臓疾患がありました。)

 

最高裁判所の見解

致死の原因たる暴行は、

必らずしもそれが死亡の唯一の原因または

直接の原因であることを要するものではなく、

たまたま被害者の身体に高度の病変があったため、

これとあいまって死亡の結果を生じた場合であっても、

右暴行による致死の罪の成立を妨げないと解すべきことは

所論引用の当裁判所判例の示すところであるから、たとい、

原判示のように、被告人の本件暴行が、

被害者の重篤な心臓疾患という特殊の事情さえなかったならば

致死の結果を生じなかったであろうと認められ、

しかも、被告人が行為当時その特殊事情のあることを知らず、また、

致死の結果を予見することもできなかったものとしても、

その暴行がその特殊事情とあいまって

致死の結果を生ぜしめたものと認められる以上、

その暴行と致死の結果との間に因果関係を

認める余地があるといわなければならない

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク