スポンサードリンク

【刑法判例】胎児に対する傷害の罪 (昭和63年2月29日最高裁)の要点をわかりやすく解説

業務上過失致死、傷害(胎児傷害)

(昭和63年2月29日最高裁)

事件番号  昭和57(あ)1555

 

この裁判では、

胎児に対する傷害についての見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

現行刑法上、胎児は、堕胎の罪において独立の行為客体として

特別に規定されている場合を除き、

母体の一部を構成するものと

取り扱われていると解されるから、

業務上過失致死罪の成否を論ずるに当たっては、

胎児に病変を発生させることは、

人である母体の一部に対するものとして、

人に病変を発生させることにほかならない。

 

そして、胎児が出生し人となった後、

右病変に起因して死亡するに至った場合は、

結局、人に病変を発生させて

人に死の結果をもたらしたことに帰するから、

病変の発生時において客体が人であることを

要するとの立場を採ると否とにかかわらず、

同罪が成立するものと解するのが相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク