スポンサードリンク

【刑法判例】誤解して回し蹴り(誤想過剰防衛)(昭和62年3月26日最高裁)の要点をわかりやすく解説

誤想過剰防衛

昭和62年3月26日最高裁

事件番号  昭和59(あ)1699

 

空手三段のXが、酩酊したA(女)とこれをなだめていたB(男)とが

揉み合ううちAが尻もちをついたのを目撃して、

AがBから暴行を受けているものと誤解し、

Aを助けるべく両者の間に割って入ったところ、

Bが防衛のため両こぶしを胸に前辺りに上げたのを

ボクシングのファイティングポーズと思い、

自分に殴りかかってくるものと誤信し、

自己及びAの身体を防衛しようと考え、

とっさに空手技の回し蹴りをBの顔面付近に当て、

同人を路上に転倒させ頭蓋骨骨折の負傷を負わせ、

その結果、後日Bは死亡しました。

 

最高裁判所の見解

右事実関係のもとにおいて、本件回し蹴り行為は、

Xが誤信したBによる急迫不正の侵害に対する防衛手段として

相当性を逸脱していることが明らかであるとし、

Xの所為について傷害致死罪が成立し、

いわゆる誤想過剰防衛に当たるとして刑法36条2項により

刑を減軽した原判断は、正当である

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク