リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】連日連夜、ラジオ音声や目覚まし時計のアラーム音を大音量で流す行為による傷害 (平成17年3月29日最高裁)の要点をわかりやすく解説

ラジオ音声や目覚まし時計のアラーム音を大音量で流す行為による傷害

(平成17年3月29日最高裁)

事件番号  平成16(あ)2145

 

この裁判では、連日連夜、ラジオの音声や目覚まし時計のアラーム音を

大音量で鳴らし続けるなどして、

隣人のAに対して精神的なストレスを与えて、

全治不詳の慢性頭痛症、睡眠障害、耳鳴り症の傷害を

負わせた行為について、暴行によらない傷害罪が認められるかどうかが

注目されました。

 

最高裁判所の見解

なお,原判決の是認する第1審判決の認定によれば,

被告人は,自宅の中で隣家に最も近い位置にある

台所の隣家に面した窓の一部を開け,

窓際及びその付近にラジオ及び複数の目覚まし時計を置き,

約1年半の間にわたり,隣家の被害者らに向けて,

精神的ストレスによる障害を

生じさせるかもしれないことを認識しながら,

連日朝から深夜ないし翌未明まで,

上記ラジオの音声及び目覚まし時計の

アラーム音を大音量で鳴らし続けるなどして,

同人に精神的ストレスを与え,よって,

同人に全治不詳の慢性頭痛症,睡眠障害,耳鳴り症の

傷害を負わせたというのである。

 

以上のような事実関係の下において,

被告人の行為が傷害罪の実行行為に当たるとして,

同罪の成立を認めた原判断は正当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク