スポンサードリンク

【刑法判例】過失犯と原因において自由な行為(昭和26年1月17日最高裁)の要点をわかりやすく解説

過失犯と原因において自由な行為

昭和26年1月17日最高裁

事件番号  昭和25(れ)548

 

被告人は、いわゆる酒癖が悪く、

飲酒をすると、気性が荒くなる性格でしたが、

飲食店で酒を飲んで、もめ事を起こし、

 

肉切包丁でAを突き刺し、即死させました。

 

この裁判では、飲酒による病的酩酊で、心身喪失時の

犯罪行為の判断について注目されました。

 

最高裁判所の見解

本件被告人の如く、多量に飲酒するときは病的酩酊に陥り、

因って心神喪失状態において他人に

犯罪の害悪を及ぼす危険ある素質を有する者は、

居常右心神喪失の原因となる飲酒を抑止又は

制限する等前示危険の発生を

未然に防止するよう注意する義務あるものといわねばならない

 

しからば、たとえ原判決認定のように、

本件殺人の所為は被告人の心身喪失時の所為であったとしても、

(イ)被告人にして既に前示のような己れの

素質を自覚していたものであり且つ

(ロ)本件事前の飲酒につき前示注意義務を

怠ったがためであるとするならば、

被告人は過失致死の罪責を免れ得ないものといわねばならない。


二 殺人の公訴事実中には過失致死の事実をも

包含するものと解するを至当とすべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク