リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】限定責任能力と原因において自由な行為(昭和43年2月27日最高裁)の要点をわかりやすく解説

限定責任能力と原因において自由な行為

昭和43年2月27日最高裁

事件番号  昭和42(あ)1814

 

Xは自分の車を運転してバーに行き、

飲酒後は自分で運転することを認識ながら、

3~4時間でビール20本ほど飲み、

飲酒酩酊により心神耗弱状態で、

路上に駐車してあった他人の自動車を

自分のものと間違い3キロほど運転し、

途中でAを乗車させ、金品を脅し取りました。

 

この裁判は、

心神耗弱による刑の減軽の判断が注目されました。

 

最高裁判所の見解

本件のように、酒酔い運転の行為当時に飲酒酩酊により

心神耗弱の状態にあったとしても、

飲酒の際酒酔い運転の意思が認められる場合には、

刑法39条2項を適用して

刑の減軽をすべきではないと解するのが相当である。

 

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク