リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】麻薬取締法違反(共犯と身分) (昭和42年3月7日最高裁)の要点をわかりやすく解説

麻薬取締法違反(共犯と身分)

(昭和42年3月7日最高裁)

事件番号  昭和41(あ)1651

 

この裁判では、刑法65条2項にいう

「身分ニ因リ特ニ刑ノ軽重アルトキ」

について裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

麻薬取締法64条は、

同じように同法12条1項の規定に違反して

麻薬を輸入した者に対しても、

犯人が営利の目的をもっていたか否かという

犯人の特殊な状態の差異によって、

各犯人に科すべき刑に軽重の区別をしているものであって、

刑法65条2項にいう

「身分ニ因リ特ニ刑ノ軽重アルトキ」

に当るものと解するのが相当である。

 

そうすると、営利の目的をもつ者ともたない者とが、

共同して麻薬取締法12条1項の規定に違反して

麻薬を輸入した場合には、

刑法65条2項により、営利の目的をもつ者に対しては

麻薬取締法64条2項の刑を、営利の目的をもたない者に対しては

同条一項の刑を科すべきものといわなければならない。

 

しかるに原判決およびその是認する第一審判決は、

共犯者であるAが営利の目的を

もっているものであることを知っていただけで、

みずからは営利の目的をもつていなかった被告人に対して、

同条2項の罪の成立を認め、同条項の刑を科しているのであるから、

右判決には同条および刑法65条2項の解釈適用を誤った違法があり、

右違法は判決に影響を及ぼすものであって、

これを破棄しなければ著しく正義に反するものと認められる。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク