スポンサードリンク

【刑訴法判例】刑訴法411条5号にいう「刑の変更」 (平成28年7月27日最高裁)

刑訴法411条5号にいう「刑の変更」

(平成28年7月27日最高裁)

事件番号  平成28(あ)456

 

刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による

刑の一部の執行猶予に関する各規定

(刑法27条の2ないし27条の7)の新設は,

刑訴法411条5号にいう「刑の変更」に当たるかについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

所論に鑑み,職権で判断する。

刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による

刑の一部の執行猶予に関する各規定(刑法27条の2ないし27条の7)の新設は,

被告人の再犯防止と改善更生を図るため,宣告刑の一部について

その執行を猶予するという新たな選択肢を

裁判所に与える趣旨と解され,

特定の犯罪に対して科される刑の種類又は

量を変更するものではない。

 

そうすると,刑の一部の執行猶予に関する前記各規定の新設は,

刑訴法411条5号にいう「刑の変更」に

当たらないというべきである

(最高裁昭和22年(れ)第247号同23年

11月10日大法廷判決・刑集2巻12号1660ノ1頁参照)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク