スポンサードリンク

【憲法判例】天皇即位の礼・大嘗祭への知事の参加の公費支出は政教分離に違反するか?(平成14年7月11日最高裁)

即位儀式への公務参加、公費支出(政教分離)

平成14年7月11日最高裁

 

鹿児島県知事は、皇居で行われる

天皇の即位の礼に伴う大嘗祭(だいじょうさい)へ

参加する旅費として県から7万5,660円の支給を受け、

県の住民のXらが、知事の本件出席が

憲法20条3項等に違反するとして、

住民訴訟を提起しました。

 

最高裁判所の見解

県知事の大嘗祭への参列の目的は、

天皇の即位に伴う皇室の伝統儀式に際し、

日本国及び日本国民統合の象徴である天皇に対する

社会的儀礼を尽くすものであり、その効果も、

特定の宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、

干渉等になるようなものではないと認められる。

 

したがって、県知事の大嘗祭への参列は、

宗教とのかかわり合いの程度が

我が国の社会的、文化的諸条件に照らし、

信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で

相当とされる限度を超えるものとは認められず、

憲法上の政教分離原則及びそれに基づく

政教分離規定に違反するものではないと解するのが相当

 

憲法の解説コーナートップへ

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク