スポンサードリンク

【憲法判例】最高裁への上告理由の制限の合憲性(平成13年2月13日最高裁)の要点をわかりやすく解説

最高裁への上告理由の制限の合憲性

(平成13年2月13日最高裁)

 

1996年(平成8年)に民事訴訟法が改正され、

「判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違反」を

理由として、上告することができなくなりました。

 

上告受理申立て(裁量上告)が設けられましたが、

トータルで、最高裁に上告できる場合が狭まりました。

 

これによって、上告の道を狭められたXは、

裁判を受ける権利を保障する

憲法32条に違反すると主張しました。

 

最高裁判所の見解

いかなる上告理由を許容するかは審級制度の問題であり、

憲法81条の規定するところを除いては、

これをすべて立法の適宜に定めるところに

委ねていると解すべきことは、

当裁判所の判例とするところである。

 

その趣旨に徴すると、問題の民訴法の規定が

憲法32条に違反するものではないことは明らかである。

 

憲法の解説コーナートップへ

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク