スポンサードリンク

【憲法判例】裁判所規則を法律で定めるのは憲法77条に反するか?(昭和30年4月22日最高裁)の要点をわかりやすく解説

法律と裁判所規則

(昭和30年4月22日最高裁)

 

公務執行妨害、傷害の被告人Xが、

訴訟に関する手続は、憲法第77条により

すべて最高裁判所規則で定めるべきものであって、

法律で定めるべきものではないのであるから、

法律をもって規定した刑事訴訟法は憲法に適合しないと

主張しました。

 

最高裁判所の見解

法律が一定の訴訟手続に関する規則の制定を

最高裁判所規則に委任しても憲法に反しないことは

当裁判所の判例の示すところである

(昭和二四年(れ)第二一二七号、

同二五年一〇月二五日大法廷判決、昭和二五年(れ)第七一八号、

同二六年二月二三日第二小法廷判決参照)。

 

そして右判例が、法律により刑事手続を

定めることができるものであることを

前提としていることはいうまでもないところである。

 

従って、刑事訴訟法が合憲であることも

明らかである。

 

憲法の解説コーナートップへ

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク