リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【行政判例】 公水使用権の性質(昭和37年4月10日最高裁)

 公水使用権の性質

(昭和37年4月10日最高裁)

事件番号  昭和36(オ)62

 

この裁判では、

公水使用権の性質について

最高裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

公水使用権は、それが慣習によるものであると

行政庁の許可によるものであるとを問わず、

公共用物たる公水の上に存する権利であることにかんがみ、

河川の全水量を独占排他的に利用しうる絶対不可侵の権利ではなく、

使用目的を充たすに必要な限度の流水を使用しうるに

過ぎないものと解するのを相当とする。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

行政判例コーナー

行政法の解説コーナー


試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク