リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【行政判例】国家公務員法100条1項にいう「秘密」の意義 (昭和52年12月19日最高裁)

国家公務員法100条1項にいう「秘密」の意義

(昭和52年12月19日最高裁)

事件番号  昭和48(あ)2716

 

この裁判では、

国家公務員法100条1項の「秘密」について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

なお、国家公務員法100条1項の文言及び趣旨を考慮すると、

同条項にいう「秘密」であるためには、

国家機関が単にある事項につき形式的に

秘扱の指定をしただけでは足りず、

右「秘密」とは、非公知の事項であって、

実質的にもそれを秘密として

保護するに価すると認められるものをいうと解すべきところ、

原判決の認定事実によれば、

本件「営業庶業等所得標準率表」及び「所得業種目別効率表」は、

いずれも本件当時いまだ一般に了知されてはおらず、

これを公表すると、青色申告を中心とする

申告納税制度の健全な発展を阻害し、

脱税を誘発するおそれがあるなど税務行政上弊害が生ずるので

一般から秘匿されるべきものであるというのであって、

これらが同条項にいわゆる「秘密」にあたる

とした原判決の判断は正当である。

 

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

行政判例コーナー

行政法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク