スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法


区分所有建物とは?専有部分とは?わかりやすく解説

リラックス法学部 区分所有法をわかりやすく解説>区分所有建物とは?専有部分とは?

 

区分所有建物とは?

区分所有建物とは、

簡単に言えばマンションのことです。

このマンション居住者及び所有者のルールを

定めた法律が区分所有法です。

 

(建物の区分所有)

第一条 一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して

住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての

用途に供することができるものがあるときは、

その各部分は、この法律の定めるところにより、

それぞれ所有権の目的とすることができる。

 

このように一棟の建物の一部分ずつ独立して

別個の所有権が認められることが、

区分所有法の一条に掲げられています。

つまりマンションを購入した場合、

マンションの一部屋単位で自分の所有権を登記すること

ができます。

 

このように一棟の建物の独立した

一部分の所有権を区分所有権といい、

区分所有権の所有権者を区分所有者といいます。

 

そしてそのように独立して

住居・店舗・事務所・倉庫等に用いることのできる

数個の部分から構成されているような建物を

区分所有建物といいます。

 

専有部分


第二条 

3 この法律において「専有部分」とは、区分所有権の目的たる建物の部分をいう。

 

つまり、専有部分とは、

マンションの個人の部屋の部分です。

 

構造上、利用上の

独立性があることが必要です。

構造上の独立性とは、

壁、扉、床、天井などで他の部分と

完全に遮断されていることです。

 

利用上の独立性とは、居住、店舗、事務所などの

用途に供することができることです。

 

専有部分以外の部分を共用部分といいます。

 

4 この法律において「共用部分」とは、

専有部分以外の建物の部分、専有部分に属しない建物の附属物及び

第四条第二項の規定により共用部分とされた附属の建物をいう。

 

専有部分の詳しい内容は別の回で解説します。

それでは今回は区分所有建物と

その専有部分について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

区分所有法をわかりやすく解説


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法


スポンサードリンク

関連記事