リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

区分所有建物とは?専有部分とは?わかりやすく解説

リラックス法学部 区分所有法をわかりやすく解説>区分所有建物とは?専有部分とは?

 

区分所有建物とは?

区分所有建物とは、

簡単に言えばマンションのことです。

このマンション居住者及び所有者のルールを

定めた法律が区分所有法です。

 

区分所有法1条

このように一棟の建物の一部分ずつ独立して

別個の所有権が認められることが、

区分所有法の一条に掲げられています。

つまりマンションを購入した場合、

マンションの一部屋単位で自分の所有権を登記すること

ができます。

 

このように一棟の建物の独立した

一部分の所有権を区分所有権といい、

区分所有権の所有権者を区分所有者といいます。

 

そしてそのように独立して

住居・店舗・事務所・倉庫等に用いることのできる

数個の部分から構成されているような建物を

区分所有建物といいます。

 

 

専有部分

区分所有法2条

つまり、マンションの個人の部屋の部分です。

 

構造上、利用上の

独立性があることが必要です。

構造上の独立性とは、

壁、扉、床、天井などで他の部分と

完全に遮断されていることです。

 

利用上の独立性とは、居住、店舗、事務所などの

用途に供することができることです。

 

専有部分以外の部分を共用部分といいます。

区分所有法2条4

 

専有部分の詳しい内容は別の回で解説したいと思います。

それでは今回は区分所有建物と

その専有部分について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

区分所有法をわかりやすく解説


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク