リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

会社法 役員等(取締役、監査役、会計参与、会計監査人)の任期について

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >会社法 役員等(取締役、監査役、会計参与、会計監査人)の任期について

 

役員の任期

取締役

取締役の役員は原則として約2年です。(正確な表現は下記の条文をご参照ください。

この後、他の役員についても「約」と表現させていただきます)

定款または株式会社の決議によって、この期間を短縮することができます。

また、公開会社でない株式会社は定款で10年まで伸長することが可能です。

委員会設置会社の取締役の任期は約1年となります。

取締役の任期が満了するイレギュラーな場合の規定が332条4項にありますので、

ご確認ください。

 

会社法333条、

 

 

監査役

監査役の任期は約4年です。公開会社でない株式会社は、定款によって10年まで

伸長することができます。

公開、非公開関わらず、4年より短くすることはできません。

監査役の任期がイレギュラーに満了する場合が336条4項に規定されていますので、

ご確認ください。

 会社法336条

 

会計参与

会計参与の任期は取締役の任期の規定を準用していますので、

同様にお考えください。

 

会社法334条

 

会計監査人

会計監査人に任期は約1年です。

会計監査人には定時株主総会で、別段の決議がされなかったときは、

再任されたものとみなすという規定がありますので、ご注意ください。

 

会社法338条

ということで、今回は役員等の任期について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。