リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

単元株制度とは?

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 単元株制度とは?

 

単元株制度

株式会社は発行する株式について、

何株でひとつの議決権を有するかを決めることができます。

例えば100株につき1議決権と決めた場合は、

90株所有している株主には、

株主総会における議決権が無いということになります。

 

200株を所有していれば株主総会で

2票投票できるという具合です。

 

株式会社にとって、

議決権を行使できる株主を

ある程度の数を所有した株主に絞ることによって、

管理コストを削減でき、なおかつ、

小さい単位の株式を残しておくことで、

流通性を確保できるというメリットがあります。

 

会社法188条

 

会社の成立後に単元株制度を設定あるいは、

単元株式数を増加する場合は、

株主総会の特別決議による定款の変更が必要です。

 

単元株式制度の廃止、単元株式数を減少させる場合は

取締役(取締役会設置会社においては取締役会)の決定で、

定款を変更して行うことができます。

 

前者の場合は株主にとって不利であり、

後者は株主にとって有利であるため、

このような扱いとなっています。

 

 会社法195条

 

単元未満株主は、株主総会において

議決権を行使することはできませんが、

共益権、自益権については定款で

制限されない限り原則認められます。

 

会社法189条

 

ということで、今回は単元株制度について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。