リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

株式会社の取締役会についてわかりやすく解説

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 取締役会とは?

 

取締役会

取締役会は、取締役全員で組織され、

業務執行の意思決定及び、

取締役の職務執行を監督する機関です。

 

 

取締役会を必ず置かなければならないのは次の会社です。

一  公開会社

二  監査役会設置会社

三  監査等委員会設置会社

四  指名委員会等設置会社

 

まず大ざっぱに、

規模の大きい会社が該当するとイメージしてください。

 

公開会社は、株式の譲渡が自由で、

株主の入れ替わりが頻繁にあるので、

株主総会よりも取締役会が

会社の業務執行を決定した方が妥当であるとイメージする

とよいでしょう。

 

監査役会は

監査役3人以上で組織する機関ですが、

監査役会があって取締役会がないのでは

監査する方とされる方のバランスが悪いので、

監査役会を置くぐらいなら

取締役会をおきなさいという感じです。

 

取締役会を置いた時は、

監査役(監査役会を含む)、監査等委員会、指名委員会等の

いずれかを設置する必要があります。

(例外アリ。下に書きます)

 

「監査役会」を設置しなければならないわけではない

ことに注意しましょう。

例外・取締役会を置いた場合でも、

非公開会社で、大会社ではない株式会社で

会計参与を設置した会社は、

監査役を置かなくてもよい。)

 

ということで、今回は取締役会について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク