リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

商法・会社法 商号とは?

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 商号とは?

 

商号

商号とは、商人が営業する上で、自己を表示する名称です。

一般的には屋号と言ったりするものです。

「商号単一の原則」と言って、

商号は1つの営業につき、

1つの商号でなければいけません。

 

商法11条

商号は原則として自由ですが、

会社の商号はそれぞれ会社の種類に従って

株式会社、合名会社、合資会社、合同会社

という文字を用いなければなりません。

 

会社は、その商号中に、他の種類の会社であると

誤認されるおそれのある文字を用いてはなりません。

 

個人商人は、その商号中に、

会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはなりません。

 

株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、といった会社は

登記をすることによって成立しますので、

商号は必ず登記されることになりますが、

商人は商号を登記することもできますし、

登記しなくてもよいことになっています。

 

何人も、不正の目的をもって、

他の商人であると誤認されるおそれのある

名称又は商号を使用してはなりません。

 

名称又は商号の使用によって営業上の利益を侵害され、

又は侵害されるおそれがある商人は、

その営業上の利益を侵害する者又は

侵害するおそれがある者に対し、

その侵害の停止又は予防を請求することができます。

 

商号を決めた者は、登記をしているかしていないかに関わらず、

他人にその商号を妨害を受けることなく使用する権利があり、これを

「商号使用権」といいます。

 

また、他人が同一または類似の商号を不正に使用することを排斥できる権利もあり、

これを「商号専用権」といいます。

 

商法12条

 

という事で、今回は商号について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。