リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

商法・会社法 発行する全て株式の内容として定めることができるもの

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 発行する全て株式の内容として定めることができるもの

 

株式の内容

株式会社は発行する「全部の株式」の内容として

3種類の株式を発行することができます。

 

この他にも様々な株式の種類がありますが、

それらの株式は発行する「株式の一部」として

発行できるものとなります。

 

107条に規定する種類の株式は

「発行する全部」の株式を

この内容にできるというものですので、

まずは正確にこの3つを覚えましょう。

 

107条1項1号から3号までは順に、

「譲渡制限株式」「取得請求権付株式」「取得条項付株式」

といいます。

 

なお、これらの株式は発行する株式の一部としても

発行することができます。

 

会社法107条

会社法107条2

107条3

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク