スポンサードリンク

株式の分割 株式の併合とは?

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 株式の分割 株式の併合とは?

 

株式の分割

株式会社は

既存の株式を分割することができます。

例えば1株を3株に分割すれば

100株所有していた株主は

300株を所有することになります。

 

単純に1株を3株に分割すれば1株の価値は

3分の1となるわけですが、

株式の流通性が高まることから、

株式分割をすると株価が上がる場合が多いです。

 

株式の分割は株主にとって有利なことなので、

株主総会の普通決議(取締役会設置会社では取締役会の決議)によって

することができます。

 

会社法183条

 

会社法184条

 

株式の併合

株式の併合は分割とは逆に、

既存の株式を2株を1つというふうに株式をまとめて

一株とするものです。

 

この場合は株主に与える影響が重大なことから、

株主総会の特別決議が必要です。

 

 

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク