リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

会社法 競業避止義務 利益相反取引とは?

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 競業避止義務 利益相反取引とは?

 

競業避止義務

株式会社の取締役は、自己または第三者のために株式会社の事業の部類に属する

取引をしようとする場合は、株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)に

おいて、重要な事実を開示して、その承認を受けなければなりません。

取締役会設置会社においては、取引後遅滞なく、取引の重要な事実を

取締役会に報告しなければなりません。

利益相反取引

取締役が自己または第三者のために会社と取引する場合(直接取引)、または、

株式会社が取締役の債務を保証することその他取締役以外の者との間において

株式会社と当該取締役との利益が相反する取引をしようとする場合(間接取引)は、

取締役は重要な事実を開示して株主総会(取締役会設置会社においては取締役会)の

承認を得なければなりません。

競業避止義務の場合同様、取締役会への報告義務もあります。

承認を受けずにした利益相反取引は、会社・取締役間では無効となります。

ただし善意無過失の第三者にはこの無効を対抗できないとされています。(判例)

 

会社法356条

 

ということで、今回は競業避止義務と利益相反取引について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。