スポンサードリンク

宅地建物取引主任者とは?

リラックス法学部 宅建業法をわかりやすく解説>宅地建物取引主任者

 

宅地建物取引主任者

宅建業法15条

 

宅建業者は、事務所に

宅建業の業務に従事する者の5人に1人の割合で

成年である専任の宅地建物取引主任者を

設置しなければなりません。

 

宅地建物取引主任者とは、

都道府県知事の行う宅地建物取引主任者試験に合格し、

都道府県知事の登録を受け、

都道府県知事から

宅地建物取引主任者証の交付を

受けた者をいいます。

 

宅地建物取引主任者登録をするには、

試験に合格し、2年以上の実務経験か、

国土交通大臣の登録を受けた者が行う

登録実務講習を修了することが必要です。

 

18条に宅地建物取引主任者になることができない

欠格要件も掲げられておりますので

ご確認ください。

 

宅建業法18条

 

宅建業法18条5

宅建業法をわかりやすく解説


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク