リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

宅地建物取引業保証協会とは?

リラックス法学部 宅建業法をわかりやすく解説>宅地建物取引業保証協会とは?

 

宅地建物取引業保証協会とは?

宅地建物取引業保証協会とは

国土交通大臣が指定した宅建業者のみを社員とした

一般社団法人です。

 

保証協会が

必ず行わなければならないとされている業務

①苦情の解決 ②研修 ③弁済業

の3つです。

 

宅建業法64条の3

 

その他、任意的に、

一般保証業務、手付金等保管業務、

宅地建物取引業の健全な発達を図るため

必要な業務を行うことができます。

 

宅建業法64条の3 2

 

この宅地建物取引保証協会に入会すると、

弁済業務保証金分担額として主たる事務所60万円、

その他の事務所につき

30万円を納付することで、

宅建業者は営業保証金

(主たる事務所1000万円、その他の事務所500万円)

を供託する必要がなくなります。

 

この保証協会に納付するお金を

弁済業務保証金分担金といいます。

 

保証協会に入会している宅建業者が

宅建業の業務の取引で、損害を与えた場合は、

損害を受けた者は、保証協会から

損害の賠償を受けることができます。

 

ということで、

今回は宅地建物取引業保証協会について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

宅建業法をわかりやすく解説


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク