リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

「営業の自由」薬局の開設、公衆浴場の設置の許可制、酒類販売の免許制の試験対策・要点まとめ

【憲法】「集会・結社の自由」デモ行進についての

試験対策の要点をまとめました。

行政書士試験レベルを想定していますが、

他試験にも共通する基本で重要なポイントですので、

他試験受験者の方も活用いただけると思います。

 

営業の自由は憲法で保障されるか?

憲法21条では、

職業選択の自由を保障をしていますが、

選択した職業を継続して遂行する自由も保障されないと、

無意味なものとなってしまいます。

 

ですから、憲法21条は、

選択した職業を継続する自由、

すなわち営業の自由も当然に保障しているものと

解されています。

 

薬局の開設に適正配置を要求する規定は違憲か

薬局の開設等の許可基準として、

その適正配置の基準を要求する規定は、

目的と手段の均衡を著しく失するものであり、

合理性は認められないとして、

憲法22条1項に違反し、

無効であるとしました。

 

詳しくはこちらの判例をご参照してください。

薬局の適正配置規制

 

スポンサードリンク

 

公衆浴場の設置の許可制は違憲か

公衆浴場の配置の距離制限の規制の性質は

時代により、変遷があります。

 

公衆浴場の配置の距離制限の規制の目的を

国民保健と衛生の確保のための

消極的規制とする判例、

自宅に風呂がないのがあたり前の時代、

必要不可欠な厚生施設の

経営困難による転廃業を防止する

という積極的規制とする判例、

消極的目的・積極的目的双方の規制とする判例

がありますが、いずれも

公衆浴場の配置の距離制限の規制は

合憲とされています。

 

酒類販売の免許制は違憲か

判例は、酒類販売の免許制について

「職業の許可制については、

立法府の裁量を逸脱し、

著しく不合理であることが明白でない限り、

憲法22条1項に違反するものではない」とし、

酒類の販売免許制度の立法目的からも

合理的なものであるととして

違憲ではないとしました。

 

詳しくはこちらの判例をご参照ください。

酒類販売業の免許制

 

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ

憲法の解説コーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク