リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【憲法】内閣が総辞職しなければならない場合についての試験対策・要点まとめ

【憲法】内閣が総辞職しなければならない場合についての

試験対策の要点をまとめました。

行政書士試験レベルを想定していますが、

他試験にも共通する基本で重要なポイントですので、

他試験受験者の方も活用いただけると思います。

 

内閣が総辞職しなければならない場合

・内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、

又は信任の決議案を否決したときは、

十日以内に衆議院が解散されない限り

総辞職をしなければなりません。

 

内閣総理大臣が欠けたとき、

又は衆議院議員総選挙の後に初めて

国会の召集があったときは、

内閣は、総辞職をしなければなりません。

 

・内閣は、あらたに内閣総理大臣が

任命されるまで引き続きその職務を行います。

 

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ

憲法の解説コーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク