リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【憲法】裁判の公開、公開が要請されない事件についての試験対策・要点まとめ

【憲法】裁判の公開、公開が要請されない事件についての

試験対策の要点をまとめました。

行政書士試験レベルを想定していますが、

他試験にも共通する基本で重要なポイントですので、

他試験受験者の方も活用いただけると思います。

 

裁判の公開が要請されない事件

訴訟事件は、

必ず公開しなければなりませんが、

非訟事件の場合、

公開が要請されません

 

非訟事件とは、

終局的な権利義務の確定を目的とせず、

裁判所が後見的に関与して、

当事者にとって最適と思われる

権利義務関係を形成するような

事件類型をいいます。

 

裁判所は当事者の主張に拘束されず、

その裁量によって将来に向かって

法律関係を形成します。

 

裁判官全員一致の場合、対審、判決を非公開とすることができるか

対審を非公開とすることはできますが、

判決は常に公開しなければなりません。

また、事件によっては、

対審も必ず公開しなければならない場合もあります。

 

憲法82条2項は次のように規定しています。

裁判所が、裁判官の全員一致で、

公の秩序又は

善良の風俗を害する虞があると決した場合には、

対審は、公開しないでこれを行ふことができる

 

但し、政治犯罪、出版に関する犯罪又は

この憲法第三章で保障する

国民の権利が問題となつてゐる事件の対審は、

常にこれを公開しなければならない

 

試験対策・要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ

憲法の解説コーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク